トップへ » 審美歯科治療5つの療法 » ホワイトニング

ホワイトエッセンス式ホワイトニングとは?

ホワイトエッセンス式ホワイトニングとは?業界NO.1。75000人の症例実績。
歯にしみない、自然な仕上がりのホワイト二ング

研究チームを編成し、独自開発したホワイトエッセンス式のホワイトニングは、 これまでのホワイトニングとは一味違います

歯を痛めないライティングマシーンと、 自然な仕上がり効果のアパタイト触媒配合ジェル、ホワイトニング効果を高める最新の光触媒ジェルを使用。 従来のホワイトニングのように歯にしみることがありません。効果も1回の施術で平均3〜4段階歯の白さがUP! 透明感のある仕上がりなので、自然な色の白い歯を手に入れられます。

ホワイトニング未体験の方も、既に体験されたことがある方も、是非トライされてみてください。

-- ホワイトエッセンス式 -- ホワイトニング6つのメリット

・ 白さUPの効果が違う
1度で、なんと平均3〜4段階も白さがアップ(歯の色は全部で20段階)

・ 透明感のある輝く白さになる
のっぺりした人工的な白さはイヤ!自然な白さがホワイトエッセンス式

・ 白さの持続力が違う
白さを比較的長期間キープできるのがホワイトエッセンス式

・ 痛みがない
ホワイトエッセンス式なら、"痛み無し"快適ホワイトニング

・ ちょっとした空き時間にホワイトニングが可能
施術はわずか45分。買い物ついでや会社の帰り道に気軽にできる

・ お値打ち価格
1回のホワイトニング価格は12本10,500円。1本あたりわずか875円

従来のホワイトニングの問題点

通常のオフィスホワイトニングは、高濃度(35%)の過酸化水素水を使用します。
高濃度の過酸化水素水は短時間でホワイトニング効果を得ることができますが、
・歯にしみやすい
・色戻りが早い
・透明感の少ないのっぺりした白さになりやすい
という欠点があります。

ホワイトエッセンス式

低濃度の触媒配合アパタイト薬剤
ホワイトエッセンスでは過酸化水素水の濃度を、従来の35%からホワイトニング効果が得られるぎりぎりの低濃度(10%)まで下げており、 そこに触媒配合アパタイトを加えて使用します。
低濃度過酸化水素水を使用することにより、
・歯にしみない
・効果が長持ち
・透明感のある自然な仕上がり
を期待できます。

触媒配合アパタイトの効果は、アパタイトが歯の着色物を吸着し、吸着できた着色物を、 触媒が過酸化水素と一緒に分解していくことで、着色物の取り残しを逃がさないようにしています。


薬剤の性能を引き出す波長と温度のホワイトニングマシーン
触媒は光と熱に反応します。ホワイトエッセンスのホワイトニングマシーンは、触媒の反応を最も促進する波長領域の光線を出しています。 また、熱温度も触媒の反応を促進させる温度まで短時間で上昇し、歯の歯髄(歯の神経)を痛めないよう温度が必要以上に上昇しない プログラムがなされています。

ホワイトエッセンス式ホワイトニング施術の流れ

STEP1
ホワイトニング剤塗布面をジェットクリーニング。
下へ

STEP2
ホワイトニングジェルを歯に塗布して活性化させる光を約20分照射。
下へ

STEP3
ツヤ出しの仕上げ磨きをして、フィニッシュ。

ホワイトエッセンス式ホワイトニングの注意点

1度で急激に白くする高濃度薬剤ホワイトニングは、歯に対するダメージを考え、ホワイトエッセンスでは実施していません。ホワイトエッセンスは健康的なホワイトニングを提供しています。

1回の施術で平均3〜4段階白くなりますが、あくまで平均であり、まれにほとんど変化の無い方もいます。但し、継続して数度行えば必ず結果が出ますからご安心ください。

差し歯/神経を抜いた歯/重度のテトラサイクリンの方 は白くなりません。(以上の方を白くされたい場合はセラミックで白い歯を作るようになります)

むし歯や知覚過敏がある方は、無料カウンセリングでホワイトエッセンスの歯科医師の診断を受けてください。

歯に小さな亀裂や知覚過敏がある場合、歯に少ししみることがあります。

妊娠中の方(胎児への安全性)や18歳未満の方(歯の成長過程にあるため)はできません。

奥歯は白くできません。 前歯12本と中奥歯8本の計範囲まで可能。

お客さまの希望される白さまで美しくするには、数回処置を受けていただくことが理想です。

ホワイトエッセンス式ホワイトニングの施術範囲に差し歯があってその部分はホワイトニングできない場合に、その分値引きをしたり、他の歯を無料で施術するこというサービスは行っていません。

ホワイトニングとは?

ホワイトニングとは?歯みがきや歯のクリーニングでは落ちない加齢や、遺伝による歯の黄ばみを、歯を削ることなく白くする方法です。

ホワイトニングは、歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、歯の黄ばみ、色素を分解して歯を白くしていきます。天然の歯を白くしていくため、自然な色の仕上がりになり、笑顔の魅力度が格段にアップします。

<ホワイトニングのメリット>
・歯を傷つけることなく白くできる
・自分で色の調節ができる
・他の治療と比べて費用が安い

<ホワイトニングのデメリット>
・人によって効果にばらつきがある
・白が戻ってしまうので、継続が必要

ホワイトニングのよくある質問はこちら

短期間でできる〜オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングオフィスホワイトニング歯科医院にてホワイトニングを行うことを言います。

短期間で歯が白くなりますので、お急ぎの方に向いております。
ただ、ホームホワイトニングよりも強い薬剤を使用するため、
ときどきしみたりすることもございます。

白さをさらに追求したい場合、後戻りをできるだけ防ぎたい場合にオススメです。

<オフィスホワイトニングのメリット>
・効果発現が早い
・レーザー照射を行わないため、安全である

<オフィスホワイトニングのデメリット>
・後戻り(リバウンド)が早い

ホームホワイトニングの特徴

ホームホワイトニング「ホームホワイトニング」とは、歯科医から指導を受け、ご自宅にて患者さまご自身が行うホワイトニングのことを言います。

患者さまの歯並びにフィットしたマウストレーを作成し、それに低濃度のホワイトニング剤を注入して装着するだけ。手軽にできるのが特徴です。
毎日2〜8時間装着しているだけで、1週間程度で歯が白くなっていきます。
寝ている間でも治療できるため、忙しい方にもお勧めできる治療法です。

<ホームホワイトニングのメリット>
・低濃度の薬剤を使用するため、痛みが少ない
・透明感のある自然な白さを得ることができる
・ご自身のペースでホワイトニングができる
・後戻り(リバウンド)が少ない
・比較的安価である
・ホワイトバンドや白斑が認められる歯や軽度のテトラサイクリン歯にも適応

<ホームホワイトニングのデメリット>
・効果発現が遅い
・象牙質やエナメル質が厚い歯では効果が得られるまで期間がかかる

デュアルホワイトニング

ディアルホワイトニング」は、ホワイトニングの中でも、最も効果の高い方法です。ただ、体質によって薬剤がしみることもあります。

これは、短期でホワイトニングを実現するオフィスホワイトニングのメリットと、効果が長持ちするホームホワイトニングのメリットを合わせた治療法
オフィスホワイトニングである程度白くした後、ご自宅でホームホワイトニングをしていただくことで、短期間でホワイトニングの効果を得られ、後戻りも防ぐことができます。

ホームホワイトニングを行ったものの、色の変わりにくい歯が1本だけ残ってしまったり、あるいは歯の根元など、歯の構造上もともと色が変わりにくい部分が気になったりすることもございます。

このような部分だけにオフィスホワイトニングを行うことも可能です。
お気軽にご相談ください。

デュアルホワイトニング

関連ページリンク

審美歯科治療5つの療法審美治療の流れと期間施術メニューホワイトニング
ホワイトニングよくある質問クリーニング(PMTC)審美歯科矯正歯科
インプラント口臭外来/いびき療法始める前に知っておきたいこと料金表

無料カウンセリングを行います

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら



コールバック予約