トップへ » 審美歯科治療5つの療法 » クリーニング(PMTC) » 歯のホワイトニングについてよくある質問

歯のホワイトニングについてよくある質問

Q.どのくらいの頻度で歯のクリーニングをするのが良いのですか?

A.むし歯や歯周病の原因であるバイオフィルム(細菌群)は、約3ヶ月程度で再生します。 したがって、最低でも3ヶ月ごとにクリーニングを行うのが望ましいといえます。歯ぐきから血が出るなどの歯周病の自覚がある方、 タバコを喫煙される方、口臭が気になる方は2ヶ月ごとのクリーニングがオススメです。

歯のホワイトニングについてよくある質問

Q.ホワイトエッセンスのクリーニングは保険で行っていないのですか?

A.クリーニングの目的が審美や予防目的ではなく、歯周病の治療の場合は保険を使えます。 1部のホワイトエッセンスを除いて、大部分のホワイトエッセンスでは保険診療も行っています。保険診療は、ホワイトエッセンスのメニューの範囲外となりますので、 詳しくは直接各クリニックにお問い合わせください。

Q.保険のクリーニングとホワイトエッセンスのクリーニングはどこが違いますか?

A.保険のクリーニングといっても歯科医院によって、施術方法も、使用される機械も、 金額もそれぞれ異なります。法律の範囲でいえば、保険は疾病にしか使えず、審美や予防には使えませんから、歯周病原因の歯石は取ってくれても、 汚れは取ってくれなかったり、何度か通う必要があったり、ガリガリと痛くされたり、十分な時間をかけてくれなかったりなどの制限があります。

Q.高性能の電動歯ブラシであれば(歯科医院でクリーニングを受けなくても)、バイオフィルムを除去できるとパッケージに書いてありますが...

A.電動歯ブラシに限らず、通常の歯ブラシでもバイオフィルムは破壊できます。
バイオフィルムは薬品や洗剤などで化学的に取り除くことはできませんが、歯みがきなどで機械的に擦り取る方法であれば除去できます。 ただし、自分で除去しようとした場合、完全に除去するのは難しく、取り残しが発生します。毎日行っている歯みがきですが、 歯は多面体で複雑な形状をしており、特に歯と歯ぐきの間や、歯と歯の間のバイオフィルムを自分だけで完全に除去することは不可能に近いといえます。 だからこそ、人に磨いてもらうことが必要であり、プロが専用の機械で歯ブラシでは届かない部位まで磨き上げるのが歯のクリーニングです。

Q.歯のクリーニングだけで歯を白くすることはできますか?

A.どこまで白くされたいかにもよりますが、 歯のクリーニングはあくまで歯の汚れ落としであり、元の歯の色以上には白くすることができません。遺伝や加齢による歯の黄ばみは、 ホワイトニングで白くすることができます。

Q.どこのクリニック、どのセラピストでも、同じクリーニングの技術力を期待できますか?

A.フランチャイズの看板を掲げている以上、どこのクリニックでも、 どのセラピストでも同じ技術品質です!と、言い切りたいのですが、正直多少の技術差はあります。
実は、ホワイトエッセンスの数あるメニューの中で、最も技術差が出やすいのが、歯のクリーニングとオーラルリフレクソロジーです。
(ホワイトニングは技術差がほとんど出ません。)
この2つのメニューに関しては、手技なので、技術差を完全に無くすというのは難しいと考えています。
だからと言って、あきらめているわけではなく、ホワイトエッセンスのブランドに安心していただけるよう、技術差を最小限に抑えるように努めています。

Q.ホワイトエッセンスクリーニング1回で、必ず全ての汚れをとることができますか?

A.できるだけそのように努めていますが、特に汚れが多い方、歯石が多い方の場合は、 熟練のセラピストであっても、ホワイトエッセンスクリーニング1回で完全に取りきることが難しい場合もあります。
最初のカウンセリングでお口の中を診させていただき、1回で難しいと判断した場合はセラピストからお客様にそのようにお伝えします。
その場合はスペシャルクリーニングを受けていただくか、ホワイトエッセンスクリーニングを2回受けていただくことをおすすめします。


トップへ » 審美歯科治療5つの療法 » クリーニング(PMTC) » 歯のホワイトニングについてよくある質問


コールバック予約